社会保険労務士・行政書士事務所 水野総合事務所

  • 社会保険労務士・行政書士事務所 水野総合事務所
  • 水野総合事務所 個人情報保護方針

付加価値=会社の稼ぎの約半分は人件費で支払われていきます。
この資源を有効活用し、競争力に結び付けていくことは、好不況の波を乗り越えて、企業が力強く伸びていくために不可欠といえます。
しかし、現実には賃金管理に合理的な決定基準がなく、人件費の肥大化に陥る危険性を抱えていることもしばしばあります。会社の発展のためには、会社の期待・能力開発・会社の目的の達成・評価・処遇といったサイクルを円滑に循環させながら会社を上昇気流に乗せる仕組みが必要になります。
会社に適した人事賃金制度を構築するためには、会社の現実の姿を把握し分析することです。そこで、私共はまず労働生産性や賃金制度の分析及び聞き取りにより実態を把握しやすい人事賃金制度を、人材開発、評価、処遇等を相互に密接に関連付けたトータル人事システムを、それぞれの会社にあった形でご提案いたします。

業務内容トップへ戻る

コンサルティングの流れ

労働生産性分析
会社の業績と総人件費の推移等を、業界指標等と比較し、全体状況のチェックをします。
矢印
賃金制度分析
個別給与の分布状況や、人事管理制度のあり方を検証し、総合判定します。
矢印
今後の対策と提案
分析をふまえた制度上の改定必要性、運用上の対策必要性から会社の理念を反映した会社独自の目指すべき新制度案を具体的に提案いたします。
・新賃金制度
・新成績評価制度
・新人事処遇制度
矢印
新制度の導入
分析をふまえた制度上の改定提案後、再び会社と詳細な打ち合わせを行い、賃金制度を会社の実情にあったものに調整していきます。
矢印
導入後の指導
新制度導入後の、問題発生対応運用についても継続してご指導いたします。
ページの先頭へ戻る

Copyright © 2006 Mizuno Office All rights reserved.